読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

三菱ふそう、外国人技能実習制度に基づくメカニックを採用

■日本の整備技術の海外展開・人材育成をサポート

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下 MFTBC)は、2016年4月1日より外国人技術実習制度に「自動車整備作業」が追加されたことに伴い、外国人メカニックを今年中に10名程度採用することを決定した。

外国人技能実習制度とは、外国人実習生が日本の産業における技能や知識を習得・習熟し、開発途上国等へ移転することを目的とし1993年に創設された制度。今回、厚生労働省において4月1日付で「自動車整備作業」が技能実習2号移行対象職種に追加された。

これに先立ち、国土交通省一般社団法人日本自動車整備振興会連合会(以下 日整連)、MFTBCを含む自動車メーカーなどで構成される検討チームが結成され、必要とされる知識やスキル、試験制度を策定してきた。

今回の運用開始に伴い、MFTBCは10名程度の外国人メカニックを採用し、3年間にわたる研修を実施する。

これを実施することにより、MFTBCは海外へ日本の点検整備技術の展開をサポートするとともに、大型車整備に精通したグローバル人材を育成し、アジア各国を中心とした地域に当社の優れた整備技術を展開していく構え。

同研修について、MFTBCセールス・カスタマーサービス本部カスタマーサービス統括部長のヤン・モレス氏は、「制度に自動車整備作業が加わったことを非常に嬉しく思います。

彼らが熱意を持ち知識や技能を習得し、将来を築きあげるため日本に来ることは大きなシグナルです。彼らがグローバルな人材として、当社の日本にいるメカニックに大きな影響を与え活躍することを期待します。

当社は今後も、外国人メカニック採用を拡大し日本のきめ細かな整備技術を世界中に展開して参ります」とコメントした。

またMFTBCでは、「4月1日付で136名のメカニックを全国で採用いたしました。その中には、日本国内の整備専門学校を卒業した外国人メカニックが3名含まれています。三菱ふそうでは、引き続きメカニックを積極的に採用してまいります」と述べている。

三菱ふそう、外国人技能実習制度に基づくメカニックを採用 | MOTOR CARS