読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

ベトナム技能実習生を協力工務店へ配属

株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)はベトナム社会主義共和国(以下ベトナム)政府と日本政府が推進している外国人技能実習制度に協力し、協力工務店によるベトナム技能実習生の受け入れをサポートしています。

このたび同制度活用による第1陣として、ベトナムおよび日本にて語学研修、実技研修を受けたベトナム技能実習生18名の協力工務店への配属が行われました。

今回の技能実習生18名は、母国ベトナムにて通常の研修カリキュラムに加え、レオパレス21のサポートによる建築に関する基礎知識、専門用語の特別研修を受けました。 その後来日、1ヶ月間の日本語研修を経て、雇用先であるレオパレス21の協力工務店に配属されました。
今後においてもレオパレス21ベトナム技能実習生の受け入れサポートを継続し、来日後もメンタルケアや技術指導を行いながら、引き続き第2弾、第3弾と取り組みを拡大して参ります。

■歓迎セレモニー、協力工務店配属セレモニー

2015年7月29日・30日、ベトナム技能実習生のメンバーはレオパレス21本社を訪れ、アパートのショールーム見学等の後、当社湘南人材開発センターにて催された歓迎セレモニー・配属セレモニーに参加しました。 受け入れ工務店の方々のあたたかな歓迎により実習生たちの緊張も和らぎ、日本での勤務にむけ決意が固まった様子でした。

■日中技能者交流センター 中小路常務理事のコメント

レオパレス21様より技能実習生受け入れのプランを伺った際、その主旨が当財団の国際交流事業とまさに合致し、大変光栄に思うと共に、監理団体として必ず成功させなければならない計画であると感じました。今回の受け入れでは、ベトナム現地研修時にレオパレス21様による技能講師が配置され、先進的な建築技術をベトナムの若者に伝授することにより、受け入れ工務店様における技能習得と生産活動への貢献が効果的に行われることが期待されます。レオパレス21様の他の協力工務店様にも、今後日本で活躍するベトナム技能実習生第1期生の優秀さを感じていただくことで、受け入れの拡大につながると信じております。