読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

香川は4458人減/総務省1月動態調査

 総務省が1日発表した1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、国内の日本人の人口は前年より27万1058人減少し、1億2616万3576人となった。人口減は6年連続で、減少数は調査を始めた1968年以降で最大。選挙権年齢が18歳以上となる来年6月からは、新たに約240万人が有権者に加わる。第2次ベビーブーム(71~74年生まれ)の団塊ジュニアが40歳を超えて出産適齢期とされる女性数が落ち込み、出生減が加速する時代を迎えた。

 香川の人口は4458人のマイナスで、死者数から出生数を引いた自然減数は3718人、県外への転出などで人口が減る社会減数は740人だった。このうち、日本人住民は4950人減ったものの、外国人住民は492人の増加。外国人住民の人口増加率は5・88%で、全国で5番目に高かった。県などによると、前年より外国人の技能実習生や語学留学生が増えたことなどが要因とみられる。

香川は4458人減/総務省1月動態調査 | 香川のニュース | 四国新聞