読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

外国人労働者:不法就労を防げ 鉾田でチラシ配布 /茨城

 外国人労働者不法就労を防ごうと、鉾田署などは15日、鉾田市滝浜のスーパーで、在留期限の過ぎた外国人を工場や農家で雇わないよう、チラシなどを配って注意を促した。
 鉾田市には今年1月1日現在、開発途上国から技術や知識を学びにくる「外国人技能実習生」が1587人いる。最近、「不法就労が増えているのではないか」「治安を不安に思う市民がいる」などの声が寄せられたことから、キャンペーンを実施することにした。
 鹿嶋労働基準監督署や実習生を受け入れている農業組合関係者など計約30人が参加。「不法就労させた事業主も犯罪です」「近くで突然外国人が増えたりしたら連絡をください」などと呼びかけていた。
 県警によると、今年は5月末までに73人の不法残留外国人が摘発されており、同署管内ではそのうち21人、約3割を占めるという。
 浅野芳徳署長は「農業をしっかりと学んでいる人がいる一方で、不法残留者による犯罪も発生している。取り締まりを強化し、実習にきちんと取り組める環境を作りたい」と話した。