読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

外国人住民数が増加傾向に 企業実習生、留学生が要因か 群馬

 昨年12月末時点の県内外国人住民数は4万2311人(男2万464人、女2万1847人)で、前年に続いて増加傾向にあることが県のまとめで分かった。
 県によると、前年比では4・2%の1718人増。国数は107カ国で前年比2カ国の増。国籍別にみると、ブラジルが一番多い1万1137人、次いで中国7528人▽フィリピン6028人▽ペルー4466人▽ベトナム2946人-の順だった。
 増加人数の多い市町村は太田市が504人で断トツ、次いで伊勢崎市が379人▽大泉町327人▽前橋市125人▽館林市112人-が続いた。逆に桐生市など11市町村では減少した。
 人口に占める割合が高い上位5市町村は、伊勢崎市23・8%▽太田市19・2%▽大泉町15・1%▽前橋市9・8%▽高崎市9・7%-となった。
 増加傾向が続くことについて生活文化スポーツ部は「企業などの実習生や留学生が増えているためではないか」としている。

 

外国人住民数が増加傾向に 企業実習生、留学生が要因か 群馬 - 産経ニュース