読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

中国人技能実習生の日本人気にかげり、休日はなく本国の家族とも疎遠に―華字紙

安倍政権は経済成長戦略の一環として外国人研修生の受け入れ拡大をうたっており、現状の15万人からさらに増やしたい方針を示している。だが、技能実習制度の先天的な欠陥に経済低迷も加わって、労働者の収入は上がらない。中国国内の給与急増を背景に、日本はもはや中国人労働者にとって人気の渡航先ではなくなっている。

日本ではかねてから研修生制度の問題がクローズアップしているが、いまだに改善されず、給与未払いや長時間労働が続いている。昨年11月には、岐阜県で働く技能実習生の中国人女性(41)が同県の最低賃金を知り、会社側に規定に沿った給与の支払いを要求したところ、突然解雇された。無理やり空港に連れて行かれ、帰国させられたという。

この女性は上海の縫製工場で働いていたが、2012年に単身訪日し、岐阜県内の縫製工場で働いていた。上海での収入は月5000元(約9万6000円)を超えていたが、「日本に行けばもっと稼げる」と聞いて訪日を決意。ところが、1日15時間労働、日曜日も休みなし、毎月の残業は200時間以上、休みは正月の数日のみという過酷なものだった。毎月の基本給は約5万円。残業代は1時間当たり300~400円しか出なかった。この女性は「中国で働いていた頃はまだ休日があったが、今は休日がなく本国の家族ともだんだん疎遠になってきた。帰国したら、みんなには『日本に行くな』と伝えたい」と憤慨した。

日本では約15万5000人の外国人実習生が農業や漁業、紡績業など68業種に従事している。うち7割近くが中国人だ。厚生労働省の調査によると、2013年に実習生を受け入れた企業や工場のうち、約8割にあたる1844社で残業代の未払いや長時間労働などの違反行為がみられた。

中国人技能実習生の日本人気にかげり、休日はなく本国の家族とも疎遠に―華字紙|中国情報の日本語メディア―FOCUS-ASIA.COM - 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。分析レポートや特集、調査、インタビュー記事なども豊富に配信。