読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国人実習生のニュース

外国人実習生に関するニュースを中心にまとめています

どうする外国人介護職 技能実習制度で受け入れ論

 深刻な介護人材不足に伴い、外国人職員受け入れの議論が活発化している。
 政府は六月に閣議決定した新成長戦略で、外国人雇用の特例である技能実習制度の対象に介護職を加える方針を打ち出した。開発途上国の外国人に職場教育を通して知識や技能を身につけ、帰国後に生かしてもらう目的で創設された制度。現在、実習職種は農漁業、建設、食品製造など「モノ作り」が主の六十八種に限られ、三年の期限付きで約十五万人が在留している。
 こんな制度に介護はなじむのだろうか。「介護や福祉分野は、単に労働力が確保されればいいというわけではない。日本語による十分なコミュニケーション能力をはじめ、利用者や同僚との信頼関係づくり、いわば福祉マインドを養成する教育が現行制度で十分にできるのか」。こう疑問を呈するのは、結城康博・淑徳大教授(社会保障論)だ。

東京新聞:どうする外国人介護職 技能実習制度で受け入れ論:暮らし(TOKYO Web)